「RGB」と「CMYK」

そう言えば、

「RGB」と「CMYK」の違いについては、また、後日ーと書いたままそれっきりになってしまっていたのでね。

 

一言で言うと、

「RGB」はweb用のカラー規格で、

「CMYK」はグラフィック(印刷用)カラー規格。

と、思っていれば、ほぼほぼ間違いない。

…筈←

 


RGB


FireShot Capture 81 - RGB

「R」=レッド(赤)

「G」=グリーン(緑)

「B」=ブルー(青)

上記3色を、混ぜれば混ぜる程明るくなるので、「加法混合・加法混色」と呼ばれているらしい。

 

web用なので、パソコンやスマホの液晶だったり、テレビだったりは、此方の規格。

所謂、原色系の眩しい色味のイメージ。

 


CMYK


FireShot Capture 81 -CMYK.png

「C」=シアン

「M」=マゼンダ

「Y」=イエロー

「K」=キープレート。

此方は、混ぜれば混ぜる程暗くなる「減法混合・減法混色」との事。

 

今、CMYKの画像もRGBで画像保存しているので(ややこしいw

然程違いがわからないかも知れないけど。

 

これを、PhotoshopでCMYKで保存してみると、

FireShot-Capture-81-CMYK

こう!

大分くすんだ印象になったんじゃないかなあ。

 

この、RGBとCMYKを間違えて、印刷用データを作っちゃったりすると、

(web用のものを間違えてCMYKで作っちゃうて事はそうそう無いだろうけど、逆は割と頻繁に起こり得るのでね。

仕上がった時にとんでもないカラーになっていたりもするので、

お気をつけ下さいね。

【Ast37】161223フライヤー

====================

使用PC:VAIO Windows8.1

使用ソフト:Adobe Photoshop CS6

====================

 

頭取に引きつづき?NEJIくん不参加で、

たっちーさん初参加になりました、2016年のラストサンナナ。

 

これはね、当初の予定では、

自分の写真を入れるつもりはなかったのよ。

背景は別の画像にしようとしてたのだけど、

試行錯誤、諸々内部事情等々ありましてw結果、こうなりましたとさ。

 

普段は入れていない「Satuki Session」の文字も入れてみたりとか。

 

フライヤーを作ってる、技術的な面で言ったら、

簡単な事しかしていない、

どちらかと言うとシンプルなフライヤーだったりするのだけど。

 

色々大変だった。

 

でも、LIVEは楽しかった。

 

でも、辛かった。

 

そして、

たっちーさんのサンタは可愛かった←

【Ast37】161204フライヤー

====================

使用PC:VAIO Windows8.1

使用ソフト:Adobe Photoshop CS6

====================

 

516初参加時!

Ast37史上初の1日2ステージ!

梯子LIVEでしたよっと。

 

516の写真はKeLLy時代のものでしたー(写真、間に合わなくてね←

 

色味も全員弄ってて、

モノトーンより、もちっと薄ピンクを重ねてみましたの。

 

今となっては、もう、慣れてしまったけど、

「砂月セッション」なのに本人が出演しないていうのは、当時、

衝撃的過ぎたよね。

…慣れてる場合じゃないんだよw何ならw

 

でも、このフライヤーでいちばん時間がかかったのは、

真ん中の「頭取不在案件」の文字を、スタンプ風に加工した部分。

 

「Photoshop スタンプ風」で検索して、

FireShot Capture 80 - Photoshopで簡単にテキストをスタ_ - https___lab.sonicmoov.com_design_photoshop_text-stamp_

此方のページを参照させて頂きました。

SONICMOOV LAB

https://lab.sonicmoov.com/design/photoshop/text-stamp/

 

後、唯一の心残りは、

頭取の写真が、自分達とは全然関係の無い、全く別のBANDの時の写真を使ってしまった事だよねorz

【4℃ttE】170529フライヤー

昨日、21:30に告知解禁になりました、

4℃ttE、と書いて、

「シドット」と読みます。

わかりやすいですねw

 

単発セッションです。

4/4にex EVASHIONの漣華さんと一緒にやらせて、その流れで?(厳密に言えば、ちょりっと違うのだけど)再びご一緒させて頂ける事になりました。

 

詳細は、此方★

2017.05.29(mon)
Shinjuku club SCIENCE

SOUNDNAUTS presents
誘蛾vol.11~結愛生誕祭~

open –:–
start –:–
adv¥2,500(D別)/door¥3,000(D別)

結愛/Kyokan/餓鬼セッション/MPTY/Sulume/BITEZ ON TRIP/Mundi renovatio/J”un/4°CttE

【4°CttE(シドット)】
vocal⇔SANA
guitar⇔shilo
guitar⇔Zaki
bass⇔漣華
drums⇔MATCH

 

ドラムのMATCHさんは、SANAZakiは結構な長いおつき合いで、実は。

アニコロの名づけ親が!何と!

MATCHさんなんだよー。

アニコロの前身BAND:CoccoLOIDで叩いてくれてたのがMATCHさんで、

その時の会話から生まれたBAND名だったのです。

 

アニコロになってからも、一度一緒にやったんだったっけな?

 

それ以来、暫く本BANDの方が忙しくて、なかなかご一緒出来ずにいたのだけど。

久々!

またMATCHさんのドラムで歌えるの、嬉しい!

 

(逢う事自体、随分久々よっ。

 

という訳で、今回は、

単発セッション感が出る様な、パズル風のフライヤーにしてみましたの。

 

====================

使用PC:BTO Windows10 Pro

使用ソフト:Adobe Photoshop CC2017

====================

 

笑っちゃうくらい細かくガイドを引いて、

みんながみんな、同じ大きさにならない様にレイアウトして、

写真と名前も敢えてバラバラに配置して(バラバラとは言っても、上下左右何れかに接する様にはしてある←

BAND名と、日程のマスの背景は、

Photoshopのパターンを加工して敷きました。

 

このフライヤーは、日付が変わって今日、

4/25高田馬場AREAより、順次、各所にて配布スタートになります!

(漣華セッションが出演しますので、お時間ある娘チャン達は是非、フライヤー貰いついでに漣華セッション遊びに行ってみてね!

「ムリ」と「ムダ」と「ムラ」

こんな依頼があった。

 

「写真の上にBAND名入れてー」

 

この時点で、随分ざっくりなのだけどw

という事はこの場合、ざっくりで良いのだ。

フォントの指定もないし、色の指定もないし、

それならば、デザイナー目線で、いちばん収まりの良い位置に、いちばん収まりの良いサイズで入れる。

 

01例えば、こう。

一応、四隅には取り敢えず置いてみる。

…で、左上が良いかなーと判断し、配置する。

→提出、の順。

 

この状態で、他にも修整箇所があったりだったので、何稿も出す。

 

すると、最後の最後になって、

「やっぱりBAND名は写真の下でー」

 

これは、ムラである。

 

初稿の段階で言われたのであれば、自分のセンスとクライアントのセンスが違った、というだけの話だし、

正直位置を変えるくらい大した労力ではないので、一瞬でご希望通りに出来る。

ただね?

その状態で一体何稿チェックしたの?ちゃんとチェックされてないじゃん。これは、クライアント側の気持ちのムラに他ならない。

 

02

 

…とは言え、

先述の通り、まあ、大した作業ではない。から、直すよ。

はい。如何ですかー?

 

「あと、BAND名大きくして」

 

!!!!!

これは、完全に、ムダである。

 

「BAND名を写真の下にして、もうちょっと大きくして」

こう言って貰えれば、1回で済む話なのだ。

ムダ。

二度手間。

修整して→web用保存して→psd保存して→jpg送信。

この工程が、×2になるのだよ。ムダ以外の何物でもない。

 

03

 

そして、これが余りにも何回も何回も何回も何回もつづくと、

ムリになります←

人をヒトとして見ていない、単なる労働力、何ならモノとしてしか扱われていない依頼は、心情的に受けられなくなるよね?当たり前の話。

 

※本来の「ムリ」は、自分の専門外の分野の依頼、の筈なんだけどなあ。例えば、今の自分の技量で考えると、AEのテンプレを使って編集は出来るけど、ゼロからAEのエフェクトを作成するのは「ムリ」──とかね。

 

でも、まあ、

「ムリ」になるのは、この件が「無料案件だったから」というのも、勿論あるとは思うのだけどね。

 

「無料」と「無償」の違いについては、また後日ー。

池袋・妄想空間フライヤー

昨日のつづきな。

 

====================

使用PC:VAIO Windows8.1

使用ソフト:Adobe Photoshop CS6

====================

 

先ずはおさらい。元画像。

photo-1444419988131-046ed4e5ffd6これね。

 


170108妄想空間


170414_01

此方が1月ver.

 

これは、元画像に黒(#000000)のレイヤーを乗せて、

焼き込みカラー不透明度:100%にしてる。

 

…わかりづらいねw

こう!

170414_02

とにかく「妄想空間」というワードと、

何となくイメージ的に、CYBERが地下だから地下室的な雰囲気を出したくて、

いちばん気に入って貰えた暗さがこれだったのです。

 


170416妄想空間


170414_03

そして、明後日!4月ver.は此方★

 

意外や意外、

こっちも焼き込みカラー不透明度100%だったのね。

(自分ではビビッドライトとかにしたかなあていう記憶だったのだけど…

 

因みに重ねた色は、#18499d。

 

兄さんのすきな、青。

 

これには実は、ちゃーんと理由があって、

妄想空間、7月にも開催が決まっているのだけど。

 

その、7月の時にはまた別の色にしようねっていう話になってるのだよ。

 

4月は兄さんの誕生日だから、兄さんのすきな、青。

そして、7月には…

170414_04

未だ内緒ー♪

(お披露目の日を楽しみに待っててよね!

 

※因みにモードがRGBの時とCMYKとでは全然違った色味になるというのは、

また近々書きますねっと。

【Photoshop】描画モード

今日は、Photoshopの描画モードについて。

普段、ノリと勢いで← 選んでしまうので、

きちんとまとめておこうと思いますの。


元素材


photo-1444419988131-046ed4e5ffd6.jpg

先ず、元素材は此方。

妄想空間のフライヤーに使ってる背景です。

これに、新規レイヤー→塗りつぶし(青)をすると、

2017-04-11 (1).png

こう。

当然の事ながら、真っ青一色。

これを、描画モードと不透明度を弄って、好みの色味にするのです。


通常(不透明度:50%)


photo-1444419988131-046ed4e5ffd6_通常

各ピクセルを編集またはペイントして結果色を作成します。これは、初期設定のモードです (通常モードは、モノクロ 2 階調画像やインデックスカラー画像で作業するときには、2 階調化と呼ばれます)。

アドビサポート

もやっと暗くなるだけ←

画像によっては、これだけでも充分雰囲気出るものもあるだろうけど、今回のこの画像ではちょりっと物足りない感…


ディザ合成(不透明度:50%)


photo-1444419988131-046ed4e5ffd6_ディザ合成

各ピクセルを編集またはペイントして結果色を作成します。ディザ合成モードの結果色は、ピクセルの不透明度に応じて基本色や合成色でランダムに置き換えられます。

アドビサポート

なんのこっちゃw

簡単に言えば、黒のザラザラ?ブツブツ?を上からかけた感じになります。

画像の上に乗せるよりも、ブラシとかと合わせて使う事が多いかなあ。

Continue reading “【Photoshop】描画モード”

【Ast37】161009フライヤー

====================

使用PC:VAIO Windows8.1

使用ソフト:Adobe Photoshop CS6

====================

 

7月8月とは、ちょりっとメンバーを変えて、

Ast37第三弾フライヤー。

 

Photoshopはもう結構長い事使っているけど、

何せすべてが独学なので、

案外未だ知らない機能なんかも沢山あったりで、

実は、このフライヤー作った時に初めて気づいたのが、

 

「選択範囲を変形」ねw

 

おおう、こんな事出来るんだ?てw

ぷちパニックw

 

寧ろ、今となっては、

今迄この機能を使わずして、どうやっていたんだろうってw

自分でも不思議なくらいの初歩的なものよね。きっと。

 

お陰様で?こういう斜めのデザインも作る事が出来ましたあ。メデタシメデタシ←

【漣華セッション】170404フライヤー

====================

使用PC:BTO Windows10 Pro

使用ソフト:Adobe Photoshop CC2017

====================

 

昨日のフライヤー。

WEB用のみで作成しましたよっと。

 

急遽決まった日程だったので、

画像もパパパっと時間かけずに簡単なものにしてしまったのだけど。

メンバーさん皆さん喜んで貰えたみたいで良かったあ。

 

これはね、

実はデザイン参考があって。

C8Ah6CaVUAEEkIZこれ。

先週のZakiと漣華さんのセッションフライヤーw

この時、ご挨拶しに顔出しに行った時に、昨日のLIVEのお話しを頂いたのでね、

似たデザインにしようと思ってみたりして。

(若干変えてるけど。

 

普段、印刷する事も考えて作成する事が多いから、どうしてもA4サイズ基本になってしまうのだけど、

珍しく正方形フライヤー、

自分的にはなかなか新鮮でしたっ。

 

後、実は密かに背景にも拘りがあって。

ダウンロード (9)これな。

画像自体は何も加工してないのだけど、

どうしてこの背景にしたかと言うと、

漣華さんの「漣」が「さざなみ」という漢字なので、

「さざなみ」で検索してヒットしたフリー素材だったのだよ。実はね。

 

という、

ちっちゃな裏話。

 

とにもかくにも、昨日AREAで逢えた娘チャン達、

スタッフ様、

関係者様、

そしてメンバーさん達、

有難う御座いました。お疲れ様でした!

LIVEレポは、アメブロの方にアップしますよっと。暫しお待ち下さいねねね。

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑