「RGB」と「CMYK」

そう言えば、

「RGB」と「CMYK」の違いについては、また、後日ーと書いたままそれっきりになってしまっていたのでね。

 

一言で言うと、

「RGB」はweb用のカラー規格で、

「CMYK」はグラフィック(印刷用)カラー規格。

と、思っていれば、ほぼほぼ間違いない。

…筈←

 


RGB


FireShot Capture 81 - RGB

「R」=レッド(赤)

「G」=グリーン(緑)

「B」=ブルー(青)

上記3色を、混ぜれば混ぜる程明るくなるので、「加法混合・加法混色」と呼ばれているらしい。

 

web用なので、パソコンやスマホの液晶だったり、テレビだったりは、此方の規格。

所謂、原色系の眩しい色味のイメージ。

 


CMYK


FireShot Capture 81 -CMYK.png

「C」=シアン

「M」=マゼンダ

「Y」=イエロー

「K」=キープレート。

此方は、混ぜれば混ぜる程暗くなる「減法混合・減法混色」との事。

 

今、CMYKの画像もRGBで画像保存しているので(ややこしいw

然程違いがわからないかも知れないけど。

 

これを、PhotoshopでCMYKで保存してみると、

FireShot-Capture-81-CMYK

こう!

大分くすんだ印象になったんじゃないかなあ。

 

この、RGBとCMYKを間違えて、印刷用データを作っちゃったりすると、

(web用のものを間違えてCMYKで作っちゃうて事はそうそう無いだろうけど、逆は割と頻繁に起こり得るのでね。

仕上がった時にとんでもないカラーになっていたりもするので、

お気をつけ下さいね。

Advertisements

池袋・妄想空間フライヤー

昨日のつづきな。

 

====================

使用PC:VAIO Windows8.1

使用ソフト:Adobe Photoshop CS6

====================

 

先ずはおさらい。元画像。

photo-1444419988131-046ed4e5ffd6これね。

 


170108妄想空間


170414_01

此方が1月ver.

 

これは、元画像に黒(#000000)のレイヤーを乗せて、

焼き込みカラー不透明度:100%にしてる。

 

…わかりづらいねw

こう!

170414_02

とにかく「妄想空間」というワードと、

何となくイメージ的に、CYBERが地下だから地下室的な雰囲気を出したくて、

いちばん気に入って貰えた暗さがこれだったのです。

 


170416妄想空間


170414_03

そして、明後日!4月ver.は此方★

 

意外や意外、

こっちも焼き込みカラー不透明度100%だったのね。

(自分ではビビッドライトとかにしたかなあていう記憶だったのだけど…

 

因みに重ねた色は、#18499d。

 

兄さんのすきな、青。

 

これには実は、ちゃーんと理由があって、

妄想空間、7月にも開催が決まっているのだけど。

 

その、7月の時にはまた別の色にしようねっていう話になってるのだよ。

 

4月は兄さんの誕生日だから、兄さんのすきな、青。

そして、7月には…

170414_04

未だ内緒ー♪

(お披露目の日を楽しみに待っててよね!

 

※因みにモードがRGBの時とCMYKとでは全然違った色味になるというのは、

また近々書きますねっと。

【Photoshop】描画モード

今日は、Photoshopの描画モードについて。

普段、ノリと勢いで← 選んでしまうので、

きちんとまとめておこうと思いますの。


元素材


photo-1444419988131-046ed4e5ffd6.jpg

先ず、元素材は此方。

妄想空間のフライヤーに使ってる背景です。

これに、新規レイヤー→塗りつぶし(青)をすると、

2017-04-11 (1).png

こう。

当然の事ながら、真っ青一色。

これを、描画モードと不透明度を弄って、好みの色味にするのです。


通常(不透明度:50%)


photo-1444419988131-046ed4e5ffd6_通常

各ピクセルを編集またはペイントして結果色を作成します。これは、初期設定のモードです (通常モードは、モノクロ 2 階調画像やインデックスカラー画像で作業するときには、2 階調化と呼ばれます)。

アドビサポート

もやっと暗くなるだけ←

画像によっては、これだけでも充分雰囲気出るものもあるだろうけど、今回のこの画像ではちょりっと物足りない感…


ディザ合成(不透明度:50%)


photo-1444419988131-046ed4e5ffd6_ディザ合成

各ピクセルを編集またはペイントして結果色を作成します。ディザ合成モードの結果色は、ピクセルの不透明度に応じて基本色や合成色でランダムに置き換えられます。

アドビサポート

なんのこっちゃw

簡単に言えば、黒のザラザラ?ブツブツ?を上からかけた感じになります。

画像の上に乗せるよりも、ブラシとかと合わせて使う事が多いかなあ。

Continue reading “【Photoshop】描画モード”

Create a website or blog at WordPress.com

Up ↑